ED鍼灸院の探し方①

ED治療体験記
スポンサーリンク
APEXアフィリエイトシステム
スポンサーリンク
APEXアフィリエイトシステム
2015/7/12 ED鍼灸院の探し方① これまで何件かの鍼灸院を試してみて、実際行った中で、最終的に、効果が得られた鍼灸治療院の治療の流れ、ポイントを、具体的な経験を交えてまとめます。   1.男性施術師がひとりで経営している   2.全裸、または下半身ノーパンで施術する   3.鍼治療で勃起する様子目視で確認する   4.陰茎の固さ角度、睾丸の状態を確認する   5.射精出来るかまでちゃんと確認する

11.男性施術師がひとりで経営している

   これは、男性の悩みは男性にしか分からない事なので、施術師が男性である事は絶対条件ですが、同時に、何でも気兼ねなく相談しようと思うと、やはり女性がいると、恥ずかしさから相談しにくいです。    初めに通っていた鍼灸院では、スタッフが多くて、アシスタントの若い女の子が、何度もカーテンを開けて、興味津々でのぞき込んできて、とても恥ずかしく、さらに、他患者の話がカーテン越しに、筒抜けなので、込み入った相談など、出来ませんでした。    男性にとって、とてもデリケートな部分なので、ED治療に関してちゃんと時間を掛けてカウンセリング時間を取ってくれたり、話を聞いてもらいながら施術してもらうコトが必須です。  夫婦経営で、受付を奥さんがやっているところもありますが、その場合にも、施術師の先生が、ちゃんと配慮した対応をしてくれるかどうかを確認して、信用出来そうか見極める必要があります。

22.全裸、または下半身ノーパンでの施術

  『ED治療を希望』と、患者側が恥を覚悟して、思い切って治療をお願いしているにもかかわらず、鍼灸師側が、恥ずかしがったりすると、患者側としてはとても気まずいです。泌尿器科の医師のように、淡々と当然のように対応する、プロ意識の高い鍼灸師かどうかが大きなポイントです。    2回目に通っていた鍼灸院は、トランクス一枚での施術でしたが、パンツを下げる時にも、ギリギリで、見えないように気を使っている感じが、逆にこちらの恥ずかしさを引き出す感じになりました。私の方も、ギリギリ見えないように、とても気を使って、たまにゴムが緩くてポロリした時に、「チっ・・・!」と、舌打ちしながら、汚いものを触るようにタオルでパンツの中に仕舞ったりして、私は、なんだかすごく傷つきました    汚いものを極力見ないようにして、施術している様子でした。    また、EDに効く経穴は、腰の腎盂あたりから、仙骨付近、お尻の割れ目の始まりのところ長強、会陽、承扶や、会陰、太もも裏の内側寄りの股関節に繋がる所などあり、ちゃんと鍼を打つには、パンツを半ケツ状態まで下ろしているくらいでは、無理です。  この絵は、私の実際のお尻の写真がベースです  置き鍼のときには、関連する経穴を繫げるように、同時に刺して置いておくことで相乗効果が得られるとのことなので、ED治療を目的とするのであれば、当然、下半身は何も身につけず、必要に応じて、タオルなどで隠せば済むことです。うつ伏せのときには隠す必要も無いと思います。    逆に、同性に見られたり、触られたりすることが絶対に無理という人は、鍼灸での治療は諦めて、泌尿器科でバイアグラなどの西洋薬に頼るべきでしょう。    『ED治療』で、本人が恥を覚悟の上で身を委ねに来ているのですから、明らかに施術に邪魔な下着を着用させたまま施術する鍼灸師は、少しプロ意識に欠けるな~という気がします。   (この感想を持ったのは、最後に通った、一番効果を実感出来た鍼灸院での治療を受けて、それと比較したからです。)    ただし、本格的なED治療は、経験の無い鍼灸師の方が圧倒的に多いので、患者に頼まれて、腰痛などの治療の延長として施術しているのが殆どのようです。    ED治療を、専門、または得意としない鍼灸院での、「なんちゃってED鍼治療」は、医師が、学生時代に、一応一通り全部の科を経験するように、鍼灸師も、専門学校で、一通り学んでいるので、お願いされれば、一応は、可能だと言っていました。    その程度の治療で効果が得られるのであれば、それに超したことはなく、ラッキーということになります。   私の場合、思うような効果は得られませんでした。 鍼灸では全体の気の流れを整えるので、それなりには効果が出ました。   朝立ちするようになったなどですが、私のように、心因性のEDの場合には、いざという時に勃起、緊張から射精まで行けないので、心因性のEDの鍼治療には、やはり通常のED鍼治療では限界を感じました。      これは、私の個人的な考えですが、毛深すぎる人も、鍼灸治療は不向きだと思います。 私は、ギャランドゥーに毛が無く、体毛が薄いタイプで、ED治療では、おへそ周りから、陰茎に向かってのラインに鍼を刺していくので、陰毛がボーボーだと打ちにくいと思います。    私が初めに通っていたところは、鍼の上にお灸を乗せていました。   そこの院長先生に、直ぐに生えてくるので、次回、出来れば少し短めに処理してきて貰いたいと提案されて、それ以来、バリカンで短めに処理しています。   曲骨は、完全に陰毛の生えているゾーンの上にあり、勃起神経への鍼も、その付近から、長めの鍼を刺していきます。なので、施術しやすいように、皮膚が見えないくらいのジャングルの人は、外人のように、バリカンである程度長さを整えていくことをオススメします。それくらいの覚悟と準備は必要です。

コメント

  1. やお より:

    こんにちは。
    早漏治療ができる、同じような鍼灸院もご存知でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました