ED鍼灸院の探し方③

4
4.陰茎の固さ角度、睾丸の状態を確認する

 陰茎の付け根の少し上の方に、勃起神経への経穴があり、そこに鍼を刺すと、竿の先っちょに、ジンワ~リとした心地よい響きが来て、勃起してきます。
 
 5~10分くらい、その状態が続きます。その間の、一番硬くなった状態で、指先でつまんで、竿の固さ、亀頭の張り、また、メジャーで、亀頭や陰茎の太さ、長さなどを測って、カルテのようなものに記録していきました。
(1回目では、フル勃起には至りませんでしたが・・・)
 
 その時の一番堅くなった状態で、下方向にグイグイと下げたりして、立ち具合を確認しています。
 
照れながら、
 
「すごいです。人に見られていて勃起したのは、久し振りです。」←私
 
と、感動を伝えると、
 
「今日は強制的に勃起させる所に打ったから、対処療法ですね。
周りが凝り固まって、血流が悪くなっているから、コリを解して、
ペニスに血液を送り込んで、血管を広げるのが目的だからね。」
 
 そんなことを言いながら、鍼を抜き、徐々に縮んでいくペニスをよそに、首肩を解す、終わりの儀式?のようなものををしています。相変わらず、私の下半身は露出状態ですが、もう恥ずかしいという感覚は無く、
 
「全部お任せしよう」
 
という信頼感と、安心感に変わっていました。
 
(心因性EDの治療で一番重要な点だと思います)
 
最後に、
 
「じゃあ、(初めにしごいたように)自分でしごいて、完全に硬くしてごらん。」
 
と言われ、早速、いつもより少しだけ太くなった気のする竿を握って、しごいてみると、あっという間に、先ほどのようにフル勃起しました。このまましごけば多分、射精しそうな気もしましたが、すぐに、
「ほら、立つようになったでしょ。はい、今日はいいですよ。」
と、しごくのを止められました。
 
 
 これまで通っていた鍼灸院は、何だったんだ?と、馬鹿らしく感じるほどに、
プロの鍼灸師に出会った事に、感動しました。
 
予約の都合で、多くても、1週間おきでと言われ、泣く泣く、週1で通うことになりました。
(人気があることと、プライバシーへの配慮、ひとり一人にじっくりと時間を掛けてている為でしょう)
 
 その都度、ちん体検査のような測定をして、睾丸の大きさや、張りの強さを握って確認してもらい、
 
ほんの少しずつですが、陰茎の太さ長さが目に見えて違ってきている印象を受けました。
(↑気のせいもあるかな?ボテッとしてきたような・・・血流が良くなったおかげだと言っていました。)
 
また、回数を重ねるごとに、固さも強くなっていきました。
 
この鍼灸院のED治療に通ってから、2ヶ月くらい経った頃に、ある程度克服した?と思えるような出来事もあり、その後は治療をお休みしていました。
 
本当は、もっと続けたい気持ちで一杯ですが、保険が適用されず、一回一回がとても高いこと、また、場所が、私の自宅から高速に乗って往復二千円かかり、時間も片道1時間なので、そうそう通えません。やはり、費用と時間の負担は大きいです。
 
月1回くらいなら続けられそうですが、やはり、同じような施術を受けられる鍼灸院を、近くで探す方が良いのですが、簡単には見つからないだろうと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする