新作完成!はじめての球友♂下巻&南国球児おすすめ解説

南国球児
スポンサーリンク
APEXアフィリエイトシステム
スポンサーリンク
APEXアフィリエイトシステム

予定よりもかなり遅れましたが、

なんとか完成にたどり着けました!

新コロのせいでしょうかね・・・(^_^;)

仕事で人と会うと、帰ってしばらくすると、

謎の体調不良でだるくなって寝込んだり、

たった1ページも仕上げられずに何日も経過したり・・・

線画が仕上がっていて、色入れでここまで

時間掛かったのも始めたかもしれません。

そのせいで、12月の後半で仕上げるつもりで

描いていたページがどんどん増えていって、

予定には無かった、

拓馬をサイコパス帰宅部が恥辱するという

ミニ漫画が出来てしまって・・・(^_^;)

ブログ用の特別バージョン?まるで田亀先生の作品のようにエグい・・・(^_^;)
これが今回の作品のSAMPLE

『南国球児』の読者さんは、短小包茎フェチも多い?ので、

中1の頃の拓馬
中2の拓馬・少し顔がお兄ちゃんになってる

サイコパス帰宅部に囲まれて恥辱イタズラされるシーンでは、

ビビって短小状態(もちろん真性包茎です(^^))

今回の作品では、南国球児作品の

初期のコンセプトがふんだんに盛り込まれています。

思春期の野球少年達の切ないBLっぽい友情物語

基本的にどちらも『のんけ』ですが、

体育系の男子の多くが通る、

同性への性的な秘めた興味・・・

それが少しずつ成長するに従って、

異性への興味にシフトしていくものの、

心のどこかに少しだけ隠し持っている同性愛の性向。

その原点が、多くの場合、小学校~中学時代、

自分のコンプレックスの真逆の特性を持った友達や、

憧れの先輩、可愛い後輩だったりします。

例えば、色白コンプレックスの子は、健康的で小麦色の肌の友達に、

勉強は得意だけど、スポーツコンプレックスの子は、

体育系の男子に憧れを抱いたり、

内気な少年は、

堂々として明るく、何も考えていないような
天真爛漫な友達が輝いて見えたり・・・

不良が不良に憧れるのは、全く需要の無い、

誰も興味を持たないありきたりなストーリーですが、

コンプレックスを持った少年が、

自分とは違う友達に憧れを抱くストーリーは、

誰もがどこかで経験するものなので、

きっと感情移入しやすい気がします。


私の特性は、ゲイ寄りのバイで、

リアルでは、カミングアウトはしていないので(^0^;)

一応、女性にも興味ありつつ、同じくらい男性にも興味ある・・・

つまり、人間愛者ってやつですね 笑

基本はドMなのに、ドSモードになるときもあったり・・・

そういう2面性を持って生きてきました。

作品に登場するキャラクターの多くが、

私自身の分身のようなところがあるので、

はじめはドMなのに、いつのまにか親友を恥辱していたり、

既婚者で子供も居て、ノーマルなのに、可愛い後輩に対しては、

密かに恋心のような、性的にも興味の対象として見てしまっていたり・・・

恥辱願望の青年シリーズのマサト先輩・のんけで10代で子供が出来て結婚するが・・・

会社の飲み会では酔い潰れたところを、

先輩職人たちに泥酔レイプでケツを掘られ続けているのに気付いていない。

中2の先輩と、中1の主人公

そんなマサト先輩も中学時代には、かわいい弟分を密かに寝込みイタズラし続けており、

それをきっかけとして、主人公は同性愛に目覚めてしまう切ないエピソード。

この作品は④で完結する予定で、小説の原稿は仕上がっていますが、

複雑な挿絵を描く力量がまだ追いついていなくて、寝かしています。

また、そこから派生する謎の中国人の別の仕事として

最近の作品としても、結構ヒットしている作品シリーズ『友情♂罪と罰』を描き始めました。

また、早く取りかかりたいのが、

この中国人が闇堕ちするきっかけとなったエピソードの作品です。

これから出すべきか、

それとも恥辱願望の青年④を先に完結させるべきか・・・

まあ、実際には読者さんからすると、好きな順番で読んでくれるので(^0^;)

また、必ずしもシリーズを①から順に読んでいないケースもあるので

どれから先に出しても関係なさそうですが・・・

こればかりは作る側のこだわりですね 笑


多くの作品で、微妙に繋がっていますが、今回の新作では、

お父さん秘密のビデオテープに出てくる息子

友情♂罪と罰シリーズの小学校時代の回想シーンでチョコッと登場する級長

などなど、ちょくちょく登場したりします。


昭和や平成の時代を描いているのに、デジカメ?など、そういうツッコミは無しで笑

そこらへんは、辻褄よりもエロ優先ということで。


約5年、作品数もだいぶ増えてきたので、これから南国球児の作品に興味を持って頂いた方だと、

どの作品から読むのが良いか?という答えとしては、

比較的新しめの作品から手にして貰えると良いかと思います。


現状では、最新作で、珍しく完結した『はじめての球友・上下巻』

同じく少年野球のショタBL小説+イラスト作品(一応完結)

『少年野球の頃』は、私が同性にも興味を持つようになったきっかけ、大好きな先輩とのエッチなイタズラの想い出をベースに描いています。


同じく、野球少年BL思春期ショタ・恥辱ものが好きな方には、

この作品は、読者さんからの要望で、ストーリーをシンプルに、エロ追求で!というコンセプトで制作したため、可愛い、素朴系、イモ系のかわいい野球少年達をどんどん夜這いしていくエッチな作品です。


実在する先輩がモデルとして登場する恥辱願望の青年シリーズ(未完)

この作品は、スケール的には他の作品よりも時間軸も広く、小説として読み応えのある大作です(^^)b

まだ未完ですが、原作の小説は仕上がっており、作者としては、ストーリーとしてものすごく好きな、泣ける切なくて泣けてくるエンディングが一番気に入っているかもしれません。
④を出す前に、スピンオフ作品を揃えておきたくて、寝かしています。


恥辱願望の青年のスピンオフ作品として描いた①②は漫画で、③は小説(未完)

小6の時に、いじめられていたのを気まぐれで助けてもらい、それからずっと一緒の2人の思春期のエッチなイタズラ、友情を描いていますが、ある事件をきっかけに2人の友情が壊れ、その復讐の為に「復讐代行業の謎の中国人」と繋がってしまいます。そして知らないうちに調教されていく、すこしだけ重いストーリーです。まだ未完ですが、2人の友情の物語を美しく終わらせたいと思っています。


シリーズとしては一番人気のある青年調教シリーズ誠次編(未完)

このシリーズから南国球児作品に触れた読者さんが一番多いかもしれません。
売上的には一番シリーズとして高いです。なので、出来るだけ時間があるときには、
過去作品に手直しを加えて、現在の作品にクオリティーを近づけています。

南国球児作品は、はじめのコンセプトが思春期少年BLでしたが、未成年を大人が恥辱する犯罪的な作品は、私自身が好きでは無いので(同級生同士や、子供が大人をイタズラするのは好き)、

成人の恥辱シリーズなら、とことんエロ特化で恥辱作品を書けるな~という考えで始めたシリーズです。


その青年誠次の中学時代を描いた、少年誠次シリーズも代表シリーズです(未完)

こうやって見ると、誠次シリーズは出しているだけで7作品、ここから3作品で完結する予定なので、

トータルで10作品になりますね・・・

それだけ、南国球児作品としては人気のあるシリーズと言うことですね・・・(^^)


単品で完結する作品で、最新作で登場する監督の少年時代が出てくる
『ハミチン相撲』と呼ばれている作品

新作で重要人物として登場する監督の少年時代が描かれています。


私の実体験を元に描き始めた発展サウナ物語シリーズです。これは②以降から、
体験談をベースにしたエピソードになりますが、①では、南国球児作品初のぽっちゃり君が主人公ですが、彼が、あり得ないほどの変態な恥辱プレイをして、この表紙の青年を・・・ネタバレするのでこの辺で・・・笑


比較的新しめの作品を紹介しました。

上に紹介した作品群は、どのシリーズから入ってもOKです。

上で紹介していない初期の作品も、今の作品のクオリティーと比較すると、私としては、

早く手を加えて改訂版出したいところですが、ほとんどがデジケットでクラウンを獲得しています。

ほぼ小説メインで出していた頃は、小説で勝負していたこともあって、現在の作風よりも、

読み応えはあるのかな~とも思えますが・・・

最近は少しずつマンガ寄りに成ってきているので・・・

試しにマンガ作品を出しても、南国球児の読者さんは、小説の方が好みのようで・・・(^0^;)

マンガ作品ですと人気のサークルさんがいくらでもありますので、

やはり、ストーリー性のある作品が求められているのかな~とか分析しながら作品作りに取り組んでいるところです。


新作完成の報告のつもりが・・・(^0^;)

ということで、こちらが新作です!よろしくお願いします(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました