恥辱のショタ小説♂はみちんボッキ相撲

またまた宣伝です(・∀・)

南国球児サークルから新作出ました。

今回の作品は、もちろん、のんけ少年が
催眠術によって、古本屋で全裸になったり、

また、苦手な同級生を催眠術で恥辱したり…

読みどころは(^o^)

フル勃起ハミチン相撲です!

強制恥辱が好きな方に
楽しんで貰える作品に仕上がっています。

あと、今回の作品の主人公のサトシ…

新たなキャラを生み出すのに苦しんだ末…

禁断の自分の中1頃の写真をモデルに描いてしまいましたw

さらに恥辱を受けるタケオという少年も、

ついでに小6から中3まで親友だった友達をモデルにして

恥辱小説でイタズラしてしまいましたww

本人が見たら似てるって分るレベルなので(^◇^;)

この小説で書かれているように、実際、
初めはすごくイヤなヤツというか、
確か、はじめ知り合ったのが別の友達の家で
みんなでファミコンをしていて、
まったく、面識無いのに突然ちんこをもぎってきて
(^◇^;)

当時は、なんだコイツ!って、すごくニガテでしたが…

カラダが早く成長していた後の親友は、
ちんこをモミモミしたらキモチイイって知ってて、
イタズラしてきたのでした(^◇^;)

その快感が忘れられず、嫌がりながらも
モミモミされて密かに快感を味わっていたという…

少年時代の懐かしい想い出です。

野球でもずっと親友、高校はそれぞれ別に進み、

すこしヤンチャだったその親友は、

高校野球で挫折して、中退して県外に働きに行き、

その後はどうしているか分りませんが…

小学、中学時代は自分が一方的に悪戯される側でしたが、

頭の中ではその親友をオカズにしていた時期もありました。

思春期特有の友情と愛情が入り交じっていたときの想い出。

今回、キャラ作りで壁にぶつかり、

禁断の自分の写真ついでに、相手はやはり当時の親友だ…

中学の部活の合宿でのぞき見たぶっとい親友のチンポを

思い出しながら描きました(笑)

先に成長期が来ているタイプだったので、

遅かった私からすれば、デカチン!筋肉質なカラダ、

そして浅黒い色がすごくカッコ良く見えて、

パンパンの制服のズボンのモッコリ

野球の練習着のケツ、そして着替えの時の

黄ばんだ白ブリーフ…

ときどき見える横チンなどなど…

それらを、よくハミチンする

小学生の奉納相撲を題材に描いています。

強制恥辱好きのこのブログのテーマにはぴったりの作品です。

[南国球児] の【エロ催眠術少年(1)涙の恥辱♂奉納相撲】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする